民家再生事例

« 福田邸 | メイン | 古材バーカウンターのある家 »

2010年1月27日 (水)

清滝の家

90114_after_ex

築100年の民家を、建主が所有する山林の木を随所に使用して現地再生した。古い材料を再利用したり、煤で黒くなった壁をそのまま残したりと、この家につまった100年の歴史と変遷を感じることができるよう工夫した。



90114_after_in
再生後内観
90114_before_ex
再生前

奨励賞No.90114
完成年2008年3月
所在地滋賀県米原市
設計一級建築士事務所 匠工房
施工丸平建設株式会社 滋賀支店
構造規模木造 2階建
敷地面積545.05 m2
建築面積158.21 m2
1階面積150.82 m2
2階面積82.55 m2
延床面積233.37 m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦葺
外壁:漆喰、杉板張
外部建具:木製建具、一部アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:松板、竿縁天井、梁現し
壁:漆喰、プラスター、中塗
床:畳、杉板
内部建具:木製建具