民家再生事例

« 手斧梁の家 | メイン | 紅葉谷の家 »

2009年6月 2日 (火)

阿讃の山麓に甦った民家

築約200年の大規模な民家を、快適性、機能性、耐震性の改善と向上をはかり、歴史ある風貌を残しながら現地再生した。



再生前
奨励賞No.070067
完成年2006年3月
所在地徳島県鳴門市
設計(株)プリンス設建
施工(株)プリンス設建
構造規模木造2階建
敷地面積2412.07 m3
建築面積255.21 m3
1階面積215.54 m3
2階面積23.32 m3
延床面積238.86 m3
主な外部仕上げ屋根:長尺耐摩塗装ガルバリウム鋼板段張り葺き
外壁:杉板押縁押さえ人見板張
外部建具:アルミ製建具
主な内部仕上げ天井:PBア9.5下地焼き板張
壁:PBア12.5下地珪藻モダンコート塗
床:畳、幅広杉板ア30バトン塗装仕上げ
内部建具:木製建具(一部既存改造使用)