民家再生事例

« 長坂町日野の家 | メイン | 阿讃の山麓に甦った民家 »

2009年6月 2日 (火)

手斧梁の家

太く黒光りする手斧梁を持つ築約200年の山梨県の民家を、住宅として移築再生した。



再生後内観

再生前
奨励賞No.070066
完成年2005年8月
所在地山梨県山梨市
設計伝匠舎(株)石川工務所
施工伝匠舎(株)石川工務所
構造規模木造2階建
敷地面積359.21 m3
建築面積120.07 m3
1階面積120.07 m3
2階面積93.68 m3
延床面積213.75 m3
主な外部仕上げ屋根:日本瓦葺
外壁:腰板杉板張、他漆喰塗
外部建具:アルミサッシ、玄関は古蔵戸
主な内部仕上げ天井:板張
壁:漆喰塗、一部ジュラク塗
床:畳、板張、一部畳敷
内部建具:木製建具、一部古建具使用