民家再生事例

« 西山邸 | メイン | 薪ストーブと桧舞台のある家 »

2009年6月 2日 (火)

蛮風亭

耐震補強のための施工を意匠として演出した現地再生。赤ベンガラを塗った巨大な方杖を組み、視覚的にも印象的な大空間をつくり出した。方杖の大胆さと、随所に使用した間竹(バンブー)にちなみ、「蛮風亭」と名付けた。



再生後内観

再生前
奨励賞No.080099
完成年2008年3月
所在地山梨県大月市
設計(有)アルケドアティス 網野 隆明
施工伝匠舎(株)石川工務所
構造規模木造2階建
敷地面積
建築面積102.97 m3
1階面積91.92 m3
2階面積32.3 m3
延床面積124.22 m3
主な外部仕上げ屋根:ガルバリウム鋼板小波板葺
外壁:土壁中塗仕上、杉板張
外部建具:既存木製建具再利用、一部アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:根太天井あらわし、真竹
壁:珪藻土塗、土壁中塗仕上
床:杉板張
内部建具:木製建具、一部再利用