民家再生事例

« うなぎの東海亭 | メイン | 野辺山高原の家 »

2009年6月 2日 (火)

A 邸

築約120年の茅葺き民家を、夏の通気と冬の防寒を考慮し、現代の暮らしに合わせた間取りで現地再生した。



  

再生前
奨励賞No.070071
完成年2006年11月
所在地秋田県仙北市
設計(株)シーモワオカダデザイン
施工(株)シーモワオカダデザイン
構造規模木造1階建
敷地面積1450 m3
建築面積175 m3
1階面積175 m3
2階面積
延床面積214 m3
主な外部仕上げ屋根:ガルバリウム鋼板横葺
外壁:ベルアート羽目板(杉)塗装
外部建具:入口木製、外部銅製建具(複層ガラス)
主な内部仕上げ天井:秋田杉板、一部萩天
壁:漆喰塗、一部クロス
床:畳、銘木化粧合板、一部古材、那智石、土間モルタル仕上げ
内部建具:杉