民家再生事例

メイン | 民家再生事例 »

2009年2月 7日 (土)

(有)東部メタル貸社員住宅

築100年の長野県の民家を移築再生した。耐震性や水廻りの利便性などに配慮しながらも、出来るだけ現状を活かし、建主が子供の頃に住み慣れていた昭和20年代頃の雰囲気を再現した住まいとなった。



再生後内観

再生前
奨励賞No.080080
完成年2007年12月
所在地長野県東御市
設計小林工務店一級建築設計事務所
施工小林工務店
構造規模木造2階建
敷地面積1141.94 m3
建築面積150.42 m3
1階面積139.88 m3
2階面積57.01 m3
延床面積196.89 m3
主な外部仕上げ屋根:カラー鉄板葺
外壁:漆喰塗、腰羽目板張
外部建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:板張、一部ビニルクロス
壁:漆喰塗、一部ビニルクロス
床:松無垢板フローリング
内部建具:木製建具