民家再生事例

« くら七世代 | メイン | 旧家の歴史が蘇る大屋根の家 »

2007年8月 1日 (水)

騎西の家

新潟の築120年の民家を、若い夫婦の住宅として移築再生した。通風がよく空調に頼らないプラン、且つ、既存の構造材を無理なく利用できるプランを実現させた住まいとなった。



再生後内観

再生後内観
奨励賞No.080091
完成年2007年8月
所在地埼玉県南埼玉郡
設計(株)和田工芸
施工(株)和田工芸
構造規模木造2階建
敷地面積527.29 m2
建築面積128.87 m2
1階面積117.58 m2
2階面積79.41 m2
延床面積196.99 m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦葺
外壁:漆喰塗、杉板下見張
外部建具:アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:杉板張
壁:砂漆喰塗
床:杉板張
内部建具:既存木製建具再利用