民家再生事例

« A 邸 | メイン | 野辺山高原の家 »

2006年12月 1日 (金)

丑梁組民家再生工事

築100年の民家を、軟弱地盤の対策を重点に現地再生した。家のシンボルである丑梁をはじめ、建設当時の特徴を出来る限り残している。古いなかにも新しい機能とアイデアがいっぱいの住まいとなった。



再生後内観

再生前
奨励賞No.080088
完成年2006年12月
所在地滋賀県大津市
設計(有)梓工務店
施工(有)梓工務店
構造規模木造2階建
敷地面積700 m2
建築面積150.99 m2
1階面積150.99 m2
2階面積52 m2
延床面積202.99 m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦葺
外壁:漆喰塗、焼板張
外部建具:木製建具、一部アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:構造材あらわし
壁:漆喰塗、土壁中塗仕上
床:杉板張、畳敷
内部建具:木製建具