民家再生事例

« 小林邸蔵 | メイン | 鴨川の家 »

2006年10月 1日 (日)

東平井の書庫併用住宅

築120年の養蚕農家を、1階を書庫、2階を居住スペースとして利用する書庫併用住宅として現地再生した。養蚕農家の特徴である屋根の換気窓を活かし、自然光、風通しを考慮した建物となった。



再生後内観

再生前
奨励賞No.080087
完成年2006年10月
所在地群馬県藤岡市
設計吉野建築設計事務所
施工(株)建築サービス
構造規模木造2階建
敷地面積985 m2
建築面積150 m2
1階面積141 m2
2階面積114 m2
延床面積255 m2
主な外部仕上げ屋根:日本瓦葺
外壁:漆喰塗、腰板張
外部建具:木製建具、一部アルミサッシ
主な内部仕上げ天井:2階床、小屋組あらわし
壁:漆喰塗、腰板張
床:板張
内部建具:既存木製建具再利用