民家再生事例

« 紅葉谷の家 | メイン | 牧之原市の家 »

2006年5月 1日 (月)

蘇る里山の家

築100年の民家を、高断熱・高気密の施工に重点をおき、現地再生した。見事に曲がった手斧削りの梁を堂々と表した、当時の思い出を色濃く残す住まいとなった。



再生後内観

再生前
奨励賞No.080084
完成年2006年5月
所在地岩手県一関市
設計(株)イトックス一級建築設計事務所
施工(株)イトックス
構造規模木造2階建
敷地面積1489.11 m2
建築面積230.99 m2
1階面積222.48 m2
2階面積70.73 m2
延床面積293.21 m2
主な外部仕上げ屋根:カラー鋼板葺
外壁:窯業系防火サイディング
外部建具:アルミ断熱サッシ
主な内部仕上げ天井:クロス貼
壁:クロス貼
床:集成合板フローリング
内部建具:アルミサッシ